顧問税理士の雇用

顧問税理士を雇っている会社はかなり多いです。事業を行っている人であればほとんどの人が決算や確定申告は税理士任せとなっています。しかし、事業経営者であれば、会社の数字に関してしっかりと把握しておく必要があります。なぜならば、貸借対照表や損益計算書といった財務諸表は自分が1年間行ってきた事業の成果を表すものであるからです。売上と利益くらいはわかっていても、どれくらいの資産があるのかということまで把握している人は意外と少ないです。財務諸表を読むということはそれほど難しい事ではありません。どれくらいの利益をどのように稼いだのか、何をどれくらい持っているのかという視点を持っていれば、意外と簡単に読み込めます。

税理士はうまく利用しましょう。つまり、税理士が作ってきた損益計算書や貸借対照表をもとに対話をするのです。なぜこのような数字になっているのか、自分の感覚と比べるとこの部分に違和感を覚える、といったことを話していけばよいのです。財務諸表を使って税理士と話をしていくと、例えば、未回収債権が思ったよりもあった、まだ売り先の決まっていない在庫が見つかった、ということがわかるケースもあります。このような会社にとって放っては置けないことを片づけていくことで、会社の財務内容はより良くなっていきます。売上を獲得するだけでなく、その後の回収までしっかりと行えているかが重要なのです。経営者が税理士を上手く活用することで顧問税理士も活きてきます。